慶應通信70期経済学部さくら組

普通課程 ムラサキ スミレ の 場合。

夏スクの結果がでましたね。

Ⅰ期の会計学と経済原論に出席しておりました。会計学は、学生時代(若かりし頃)簿記をかじっておりましたので、その延長線上と捉えました。経済原論はテキスト科目が必修ですので、なんとかジリジリとでも近づきたいという思いから「夏スクで堀を埋めよう作戦」でした。双方とも、単位は頂くことができてホッとしております。

会計学は、ホント満遍なく出題されて内心「やべ~」って思ってました。例えば、明瞭性の原則とか継続性の原則とか、何々の原則ってあるでしょ。アレだよアレでしょ!って分かっているんだけど出てこないとき、私は恐らく新しい法則を作っちゃってます、多分。

経済原論は、人気講座ということで非常に分かりやすかったです。試験は持込み可だったので、落とすわけにはいかない。しかし、聞いていたのとは違って・・・アレ?完全にハマった。

・・・だから結果が出るまでドキドキだったんですね。お陰様で気持ちが上がりまして試験は「当たって砕けろ」から「やれるとこまで頑張る」へ作戦変更。単純です。