慶應通信70期経済学部さくら組

普通課程 ムラサキ スミレ の 場合。

慶應通信に関係ない話

今週は、管理職(いわゆる上司)がリフレッシュ休暇を取っておりまして、いない時にイロイロ起きるんですよね。そちらの対応に追われた一週間でした。

あるメンバーが、お客様に古いデータで説明。最新データの格納場所は周知しているが、捜せなかったというミスをしたから、注意をすれば「そうですよね、そうですよね〜」と他人事。理由を聞けば「最新データが共有されていないのが悪い。私は、知らされていない」という。アレ?アレレ?あり得ないよね、そんなの。そうじゃなくって「お客様に申し訳無かった」っていえないのかい?

この人は、何を言っても無駄な人。だから上司も厳しいんだ、この人に。どうして、自分には厳しいのか分かってない。やれやれ、この一週間、誰の後始末をしていたと思う。お前だよ、お前のことだよ。あっちこっちのチームに頭下げてさ、協力してもらってさ。そのおかげで、自分の仕事はストップ。「どうして、ムラサキさんは席にいないの?管理職がいないんだからフラフラしてたらダメなんじゃない?」って聞こえるようにいうんだわ。あ゛?あんだ、ゴラァ、誰のせいだよ。

帰宅すれば、机に向かう気力が湧かない。それでも机に向かえば、いつの間にか船を漕いでいる。あらまあ。

私も叫びたいな「違うだろ〜この◉△✖︎◎〜」って。

さ、気持ちを切り替えて頑張る。